防水工事・シーリング

■外回りのあらゆる箇所に、確実な防水対策を

防水対策が必要なのは、何も屋根や外壁ばかりではありません。
屋上や陸屋根はもちろんのこと、ベランダやバルコニー、サッシ部分なども定期的な防水工事が必要です。
もしも屋上の防水シートに切れや剥がれを発見したり、ベランダの床面に染みが見られるようなら、雨漏りの一歩手前まで来ていますので、お早目に防水工事をご依頼ください。

防水工事の寿命は施工法によっても異なりますが、一番耐久性の高いアスファルト防水なら約15年、それ以外の工法なら12年前後が目安。
また外壁材同士の隙間や、サッシと外装材の隙間を埋める“シーリング”は、5~10年で打ちかえが必要ですので、そろそろかなと思ったら、こまめに外回りをチェックしておくことが大切です。

当社は防水工法の中でも、塗膜防水であるウレタン防水、FRP防水を中心にご提供しています。
塗装で培った塗りの技術を活かし、建物に確実な防水性を与えますので、防水工事についてもぜひ当社までご相談ください。

 

■適材適所の防水工法を選択します

●ウレタン防水
液状のウレタン樹脂を下地に塗り込み、化学反応による硬化を起こさせることで、弾力性のあるゴム状の防水膜を形成します。
つなぎ目がないため、シームレスで美しい仕上がりとなり、軽量で建物への負担もほぼありません。
貯水槽や室外機などの設備が多い屋上のほか、複雑な形状の場所や狭いスペースの防水にも向いています。

●FRP防水
FRPとは「Fiberglass Reinforced Plastics」の略で、“繊維強化プラスチック”のこと。
強度が高く、耐久性に優れていることから、住宅やマンションはもちろん、屋上駐車場や工場の床面、水槽など幅広い場所に使用されています。
重歩行や車両の走行も可能なため、人の出入りが激しい場所にもおすすめです。

●シーリング
サイディングやALCといった外壁材のつなぎ目に、あるいは窓などのサッシまわりに。
ゴムの特性を活かして隙間を埋め、建物内部に水が浸入するのを防いでいるのが、シーリング材です。
目立たない部分ですが、劣化してひび割れたり、痩せたりすると雨漏りを引き起こすこともありますので、10年に一度を目安に打ちかえ工事を行いましょう。

【電話】 073-460-0963
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 和歌山市を中心に和歌山県全域(※その他の地域もお問い合わせください)

一覧ページに戻る